所長のメッセージ

税理士・松山隆司は、昭和という元号がまもなく終わろうしている1987年(昭和62年)8月、
吉祥寺駅前に小さな事務所を開きました。以来、四半世紀にわたり地元のお客様と苦楽を
共にしてまいりました。まだ高度成長期の名残を残す良き時代からバブル崩壊の困難な時代
を経て今日まで至っています。

そして「今」を見渡してみると、政治家も官僚も経年劣化の様態で行き先を見失う中、日本国の財政は破綻寸前とも言われています。もはや従来の経験や慣行を当たり前と考えることはできない時代が到来しようとしているのかもしれません。自身の位置を正面から見極めつつ、広く日本、アジア、世界に目を向け、未来を遠望する想像力や創意工夫が求められるのではないでしょうか。

激動が予想される新しい時代を迎え、事務所員一丸となって切磋琢磨し、皆様とともに時代を生き抜く道を模索してゆきます。